「地域でつながると言うこと」

ケアする者同士で顔を合わせて話し合い、そこから何かが生まれる。

アイデアや経験を共有し、それぞれのケアに生かしていく...。
1人や1つの事業所だけではなく、

みんなでつながり、在宅療養中の方とその家族を支える...。

「ひまわり在宅ネットワーク」はそんな手作りの地域連携を目指しています。

小平すずきクリニック 鈴木 道明
この地域でも在宅ケアに関する勉強会、講演会はさまざま開かれ、参加するだけで大変になっています。また何かを決める会としてはこれから各市や各医師会で在宅関連のさまざまな会議が開かれるでしょうから、そこで各地域毎に決定していくでしょう。
でも現場の声を大切にする会、現場でケアに関わっている人が顔を合わせて語り合う会が必要だと常々思っていました。

今回、この「想い」につきあって下さった発起人の方々、よき仲間に巡り逢えました。感謝です。
それはおもしろそうだ、と言われたとき、このネットワークを広げていきたいと思いました。 そしてお忙しい中、集まって下さった方々、本当に感謝です。

ひまわり在宅ネットワーク発起人代表
小平すずきクリニック 鈴木 道明